スマホやタブレットにはSIMロックされて

 

スマホやタブレットにはSIMロックされているものと、ロックされていないSIMロックフリー版がある。
現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、SIMカードは他社のカードが使えないSIMロックが施されています。

でも、SIMロックがかかっていたとしても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOのSIMカードを使うことができます。
iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。
NTTドコモの回線を借りている会社であれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。
しかし、softbankやauのものはなんと使うことが出来ないのです。
そのような方は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、アダプター(下駄)を使うことになります。

そもそもSIMとは、ドコモではUIMカード、au(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと呼ばれている小さいICカード(SIMカード)のことです。

スマホ、タブレットに、大手携帯会社のものではなく、格安SIMを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、最近よく話題に挙がるようになりました。 安価にデータ通信ができる格安SIM。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。今、格安SIMを販売しているだいたいの仮想移動体通信事業者は、docomoのネットワーク回線を借りてサービスを提供しています。
そのため、カタログスペック上の通信速度は「最大150Mbps」など、どこも同じような感じになっています。

とはいえ、速度を実際に計ってみると提供元によって違うことがあることに気づきます。具体例として利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。いろいろな仮想移動体通信業者も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。どうしてかというと通信速度は、帯域の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

「回線の帯域の太さ」と「通信の設備」は仮想移動体通信事業者によって違うんです。
格安SIMが使えれば、携帯電話料金を安くできます。

docomo等だと7000円から9000円ほどかかる費用が、格安のSIMを使うと月額1000円以下という料金プランも。
一回は、プランニングしてみても良いと思います。今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、使うことはできないのです。それは、端末側でインターネットにつながるための設定がされていないためです。docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。格安SIM初心者の方や、これだけで使っていける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、大手キャリアが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

通常、帯域がしっかりしていればアクセスが増えたとしても、速度が低下しにくく、設備投資がしっかりしていれば、データを安定して処理できるので利用者が多い時間帯でも通信速度の低下は発生しづらい、と言われています。したがって事業者を選定の際には、低価格ということだけでなく安定したサービスを提供出来る会社を選ぶ必要があることが分かります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket