大手キャリアのスマートフォンや外

 

大手キャリアのスマートフォンや外でも接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、ロックされていないSIMロックフリー版がある。

Softbank、au、ドコモなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、他の会社のSIMは使えないSIMにロックがかかっているのです。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、NTTdocomoの場合は、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOの格安SIMのサービスを利用することができます。

実際にはスマホにSIMをセットしただけではネットワークに接続できません。

それは、端末側でネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMの場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。SIMとは何かというとdocomoでは、UIMカードau(KDDI)では「au ICカード」、softbankではUSIMカードという名称の小さいICカード(SIMカード)のことです。スマホなどに、大手携帯会社のものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近注目されるようになっています。

格安SIMや格安スマホを販売しているおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

そのため、カタログスペック上の通信速度は「最大150Mbps」など、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると各社によって違う場合があります。具体例としてアクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。

多くのサービス提供元も同一のドコモ回線を使っているのにこの通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

どうしてかというと通信速度は、回線の帯域である太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

「データ回線帯域の太さ」と「設備」とは会社によって異なるものです。格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。

docomo回線の事業者であれば、NTTドコモのiPhoneがそのまま利用できます。
でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものはなんと使うことが出来ないのです。その場合は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、ロックを解除する、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。
昨今では、ドコモやauなど大手通信会社自らが提供する格安SIMも登場しています。
よく分からない会社のサービスは不安という方や、これのみで使っていくためにしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、docomoやKDDIが提供しているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。
たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、利用者が増加しても、通信速度は下がることなく、設備投資がしっかりしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、利用ユーザーが多く、回線が込み合っている場合でもスムーズです。
したがって事業者を選定の際には、値段だけでなく基盤がしっかりとしたサービスを選定する必要があることが分かります。

仮に格安SIMを使うことができれば、月々の通信費を抑えることができます。

au等ですと月額6000円以上もかかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者だと月額1000円以下ということも。ここはひとつ、見直しを考えてみても良いかもしれません。

低価格でデータ通信できる格安SIM。
1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。
LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、そのような状況でも、動画や重いアプリのダウンロード以外は、インターネットやメールは問題なくできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket