価格だけでなく基盤がしっかりとしたMVNOを選択する

 

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、利用者が増加しても、速度が低下しにくく、しっかりとした設備であれば、データを素早く処理できるため混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、価格だけでなく基盤がしっかりとしたMVNOを選択した方が良いことが分かります。

今、格安SIMを販売しているだいたいの仮想移動体通信事業者は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

したがって、スペック上の通信の速度は最大150Mbpsなど、どこも同じような感じになっています。

しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

例をあげると、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。

いろいろな仮想移動体通信業者も同一のドコモ回線を使っているのに通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。

その理由として通信速度は、回線の帯域である太さと通信の設備に影響されるからです。

「帯域の太さ」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。データ通信が安くできる格安SIM。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。

低価格のSIMを使うことができれば、月々の通信費を抑えることができます。

au等ですと6000円以上かかる料金が、仮想移動体通信事業者だと月額1000円以下なんていう料金になることが。ここはひとつ、確認してみても良いかもしれません。

そもそもSIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードauではauICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードという名前のIC型のカードのことです。

スマホ、タブレットに、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、最近よく話題に挙がるようになりました。

実は、スマートフォンにSIMをセットしただけではインターネット接続できないのです。これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMの場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

iPhoneで格安SIMを使い人はいると思います。

docomo回線の事業者であれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものはそのままでは使えません。そんな時は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、SIMロック解除をなんとかする、下駄などを使って何とか認識させることになります。

スマホやタブレットには「SIMロック」が施されているものと、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。Softbank、au、ドコモなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックというものが設定されています。けれども、SIMロックがかかっていても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOのSIMを利用することができます。NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。

よく分からない会社のサービスは不安という方や、これだけで使っていけるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、ドコモやauが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

DMM mobileのSIMカードの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。