NTTドコモKDDIなども格安SIMへ参入し

 

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。
格安SIM初心者の方や、メインで使っていけるしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、こうした大手通信会社が手がける格安SIMを選択するというのもありですね。

そもそもSIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードauではauICカード、softbankではUSIMカードという名称のICカードのことを指しています。

スマホ、タブレットに、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、かなり注目されているわけです。

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

けれども、KDDIとソフトバンクのiPhoneは残念ながら使えません。その場合は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMロックを解除する、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

スマートフォンや携帯電話網に接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。
NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの会社が売っている端末は、他の会社のSIMは使えないロック(SIM)がかかっています。

しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモの回線を借りている事業者のSIMカードを使うことができます。あなたが格安SIMに切り替えれば、携帯電話料金を安くできます。
通常だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、格安SIMだと月に1000円程度という料金プランも。

一度、考えてみてもいいのではないでしょうか。今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。それは、端末側で携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。
docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。現在、格安SIM・格安スマホを提供するたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

そのため、仕様としての通信の速度は最大150Mbpsなど、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。
しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると仮想移動体通信事業者によって違っています。

具体例としてランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。いろんな会社もドコモのネットワークを使用しているはずですが、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。

そのわけは、データ通信の速さは、データ回線の太さと設備の品質に影響を受けたりするためです。この「回線帯域の太さ」とこの「設備」とは会社によって異なるものです。

通常、帯域がしっかりしていればアクセスが増えたとしても、ネットワークの速度低下は発生せず、ネットワーク設備がキチンとしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、ユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。

以上のことから会社を選ぶ際は、価格だけでなくきちんとしたサービス品質を提供できる選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。

データ通信が安くできる格安SIM。月々1000円のものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、ウェブサイトの閲覧、メールチェック程度は問題ありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket