SIMとはドコモでは「UIMカー

 

SIMとは、ドコモでは「UIMカード」、auではauICカード、Softbank MobileではUSIMカードという名称のICカードのことを指しています。
携帯端末に、ドコモなどのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、話題になっているサービスです。
一般に、帯域が太ければアクセスが増えたとしても、通信速度は低下せず、通信設備にちゃんと投資をしていれば、データを安定して処理できるのでアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、値段だけでなくサービス品質も考慮して選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。実際にはスマホにSIMをセットしただけではネットワークに接続できません。
理由はスマホで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。
大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMの場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

今現在、格安SIM、スマホを販売するたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

そのため、カタログスペック上の通信の速度は最大150Mbpsなど、どこも同じような感じになっています。しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみるとMVNOによって大きく異なるんです。

たとえば、通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。どの事業者も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。その理由はデータ通信の速度は、「回線帯域の太さ」と設備の品質に影響を受けたりするためです。この「回線帯域の太さ」と「設備の品質」とは仮想移動体通信事業者によって違うんです。格安SIMが使えれば、携帯電話料金を安くできます。

通常だと7000円から9000円ほどかかる費用が、MVNOだと月に1000円程度ということも。とりあえず、検討してみても良いかもしれません。
今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。
格安SIMはちょっと不安という方や、これだけで使っていける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、大手キャリアが提供しているサービスを選択するのもありかもしれません。iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。ドコモの回線を使用している業者であればそのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。auやソフトバンクのiPhoneは残念ながら使えません。それでも使いたい場合は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、下駄などと呼ばれるアダプターを使うことになります。

安価にデータ通信ができる格安SIM。月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、ネットの閲覧や、メールチェックなどは十分です。キャリアから購入したスマホやタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMロックが施されています。しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMを利用することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket