あなたが格安SIMに切り替えれば通信費の削減が出

 

あなたが格安SIMに切り替えれば、通信費の削減が出来ます。

docomo等だと月に7000円以上もかかってきますが、格安のSIMを使うと1000円未満という費用になることも。

いったん、検討してみてもいいかもしれませんね。SIMとは何かというとdocomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと呼ばれているIC型のカードのことです。
スマホなどに、ドコモなどのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、より安い料金で使えることが多いため、話題になっているサービスです。
スマートフォンやSIMが搭載できるタイプのタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの会社が売っている端末は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMにロックがかかっているのです。でも、SIMロックがかかっていたとしても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)のSIMを利用することができます。
実際にはスマホにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。

これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。
今現在、格安SIM、スマホを販売するほとんどの事業者(MVNO)は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。よって、製品スペック上の速度は最大でも150M程度など、どの会社でも大きな差異はない状況です。とはいえ、速度を実際に計ってみると会社によって違うことが分かります。

具体例としてランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、そのダウンロード速度は、1Mbpsから20Mbpsという大きな差が出ることも。

いろんな会社もNTTドコモのネットワークを利用しているはずなのに、この通信速度の差はどこから生じるのでしょうか。その理由はデータ通信の速度は、「回線帯域の太さ」と通信の設備に影響されるからです。
この「回線帯域の太さ」と「通信の設備」は各社によって違ってくるものです。

一般的には帯域が太い場合には、ユーザーが一気に増えたとしても、通信速度は低下せず、設備にきちんと投資をしていれば、通信データを安定して供給できるので、混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。
このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、価格だけでなく安定したサービスを提供出来る会社を選ぶ必要があることが分かります。
安価にデータ通信ができる格安SIM。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、インターネットやメールは問題なくできます。

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。安いサービスはちょっと心配という方や、ベースとして使って行けるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、docomoやKDDIが提供しているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。docomo回線の事業者であれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。auやソフトバンクのiPhoneはそのままでは使えません。
その場合は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、SIMロックを解除する、下駄などを使って何とか認識させることになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket