一般的には帯域が太い場合には利用者が増加し

 

一般的には帯域が太い場合には、利用者が増加しても、ネットワークの速度低下は発生せず、しっかりとした設備であれば、データを素早く処理できるためアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。以上のことから会社を選ぶ際は、価格だけでなく安定したサービスを提供出来る事業者を選択する必要があることが分かります。低価格でデータ通信できる格安SIM。月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、インターネットやメールは問題なくできます。

SIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードKDDIでは、auICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードという名称のIC型のカードのことです。携帯端末に、大手キャリアのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、最近よく話題に挙がるようになりました。 通常のスマホや外でも接続できるタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、ロックがかかっていないSIMフリーのものがある。Softbank、au、ドコモなどの会社が売っている端末は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックがかけられています。でも、SIMロックがかかっていたとしても、NTTdocomoの場合は、ドコモ回線を使っている会社のSIMカードを使うことができます。

低価格のSIMを使うことができれば、通信費の削減が出来ます。
通常だと6000円から9000円程度かかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月額1000円以下という費用になることも。

ここはひとつ、見直しを考えてみてもいいかもしれませんね。

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。

これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、SIMだけを購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。
格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。MVNOでもドコモ回線のところであれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。

でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものはなんと使うことが出来ないのです。
そうなったら、SIMフリー版のiPhoneを調達するか、SIMロック解除をなんとかする、アダプター(下駄)を使うことになります。ドコモや最近はauなどもとうとう格安SIMの提供を始めています。

格安SIMがよくわからない人や、メインとして使っていくためにきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、ドコモやauが提供しているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。格安のSIMを売っているほとんどの事業者(MVNO)は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。よって、製品スペック上の通信速度は「最大150Mbps」など、どの会社でも大きな差異はない状況です。けれども、通信速度チェックを実際に行ってみると会社によって違うことが分かります。

たとえば、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。いろいろな仮想移動体通信業者も同じドコモの回線を使用しているはずなのに、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。そのわけは、データ通信の速さは、データ回線の太さと設備の品質に影響を受けたりするためです。「帯域の太さ」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket