格安SIMや格安スマホを販売している多くの仮

 

格安SIMや格安スマホを販売している多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。
よって、製品スペック上のデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、何処でも大きな違いはない状態です。
とはいえ、速度を実際に計ってみると各社によって違う場合があります。
たとえば、アクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。

どの事業者も同一のドコモ回線を使っているのに大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。なぜかというと通信の速度は、「回線帯域の太さ」と設備の品質に影響を受けたりするためです。「帯域の太さ」と「通信設備」は仮想移動体通信事業者によって違うんです。
安価にデータ通信ができる格安SIM。

1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。そもそもSIMとは、ドコモでは「UIMカード」、KDDI(au)ではauICカード、softbankではUSIMカードという名前の小さいICカード(SIMカード)のことです。
スマホなどに、大手携帯会社のものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、最近よく話題に挙がるようになりました。
一般的には帯域が太い場合には、一気にアクセスが増加しても、速度が低下しにくく、しっかりとした設備であれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、アクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、低価格ということだけでなく安定したサービスを提供出来るMVNOを選択した方が良いことが分かります。
格安SIMを使うことができた場合、携帯代の削減ができます。ソフトバンク等だと月に7000円以上もかかってきますが、格安SIMだと月額1000円以下なんていう費用に。一回は、考えてみても悪くないのではないでしょうか。
今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。
よく分からない会社のサービスは不安という方や、これだけで使っていけるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、こうした大手通信会社が手がける格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。

今あるスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。

それは、端末側で携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。
キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMを後から購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。
docomo回線の事業者であれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。

しかし、softbankやauのものはそのまま利用することはできません。その場合は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。
スマートフォンやタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。
Softbank、au、ドコモなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックが施されています。けれども、SIMロックがかかっていても、NTTdocomoの場合は、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOの格安SIMのサービスを利用することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket