格安でデータ通信が利用できる「格安SI

 

格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、おおむね月に2GBから3GB利用できます。LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。

通常、帯域がしっかりしていれば利用者が増加しても、ネットワークの速度低下は発生せず、しっかりとした設備であれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、アクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。したがって事業者を選定の際には、値段だけでなく基盤がしっかりとした会社を選ぶ必要があることが分かります。実は、スマートフォンにSIMをセットしただけではインターネット接続できないのです。

これは、スマートフォンでインターネットにつながるための設定がされていないためです。大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMカードを入れるだけで接続できるのですが、格安SIMの場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

通常のスマホやネットワーク接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、SIMロックフリーのものがある。Softbank、au、ドコモなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMロックが施されています。でも、SIMロックがかかっていたとしても、ドコモのスマホ、タブレットであれば、ドコモから回線を借り受けているMVNO(仮想移動体通信事業者)の格安SIMのサービスを利用することができます。低価格のSIMを使うことができれば、スマホ料金を安くすることができます。

ソフトバンク等だと6000円以上かかる料金が、格安SIMだと月に1000円程度ということも。とりあえず、考えてみてもいいかもしれませんね。

今、格安SIMを販売しているほとんどの事業者(MVNO)は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

よって、製品スペック上の通信の速度は最大150Mbpsなど、どのMVNOも大差はない状態です。

でも、実際に速度を比較してみると会社によって違うことが分かります。

一例を挙げると利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。いろんな会社も同一のドコモ回線を使っているのにこの差はどうして生まれてしまうのでしょうか。どうしてかというと通信速度は、回線の帯域である太さと通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「データ回線帯域の太さ」とこの「設備」とは各社によって違ってくるものです。iPhoneで格安SIMを使い人はいると思います。

NTTドコモの回線を借りている会社であれば、ドコモのiPhoneであればそのまま使えます。
しかし、softbankやauのものはそのまま利用することはできません。

そんな時は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、SIMロック解除をなんとかする、アダプター(下駄)を使うことになります。
最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。格安SIMはちょっと不安という方や、メインとして使っていくためにサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、NTTdocomoやauから出ている格安SIMを選択するというのもありですね。そもそもSIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、softbankではUSIMカードと言われているIC型のカードのことです。

スマホ、タブレットに、ドコモなどのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、かなり注目されているわけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket