普通はデータ回線がふとければアクセスが増えたとして

 

普通は、データ回線がふとければアクセスが増えたとしても、速度低下に陥ることがなく、しっかりとした設備であれば、通信データを安定して供給できるので、混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、安ければ良いということではなくサービス品質も考慮して事業者を選択する必要があることが分かります。最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。格安SIM初心者の方や、ベースとして使って行けるしっかりとしたサービスがある格安SIMを探している人は、NTTdocomoやauから出ているサービスを選択するのもありかもしれません。
格安でデータ通信が利用できる「格安SIM」。例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

LTEの通信を使った後は通信速度が低減しますが、制限されても、動画などの重い処理をのぞけば、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。そもそもSIMとは、ドコモでは「UIMカード」、KDDIでは、auICカード、softbankではUSIMカードと言われている小型のICカード「SIMカード」のことです。スマホ、タブレットに、大手携帯会社のものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、通信料が安くつけるので、最近よく話題に挙がるようになりました。 格安SIMを使うことができた場合、スマホ料金を安くすることができます。通常だと6000円以上かかる料金が、格安のSIMを使うと月々数百円という費用になることも。

一度、見直しを考えてみても悪くないのではないでしょうか。

現在、格安SIM・格安スマホを提供するだいたいの仮想移動体通信事業者は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。そのため、カタログスペック上の通信の速度は最大150Mbpsなど、何処でも大きな違いはない状態です。でも、実際に速度を比較してみると提供元によって違うことがあることに気づきます。具体例としてアクセスの多いランチタイムなどに測ってみると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。

いろいろな仮想移動体通信業者もdocomoの回線を使用しているにも関わらず、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

なぜかというと通信の速度は、通信回線の帯域の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。
「帯域の太さ」と「設備」とは仮想移動体通信事業者によって違うんです。

大手キャリアのスマートフォンやネットワーク接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、施されていない「SIMフリー(SIMロックフリー)」のものがある。

docomo、KDDI、Softbankなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、他の会社のSIMは使えないSIMにロックがかかっているのです。しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモの端末であれば、ドコモ回線を使っている会社のSIMを利用することができます。

実は、スマートフォンにSIMをセットしただけではネットワークに接続できません。

これは、スマートフォンでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。iPhoneで格安SIMを使い人はいると思います。
ドコモの回線を使用している業者であればそのままドコモのiPhoneが使えちゃいます。auやソフトバンクのiPhoneはそのままでは使えません。その場合は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、SIMロック解除をなんとかする、または、下駄を使うことになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket