今現在格安SIMスマホを販売するたくさんある仮想

 

今現在、格安SIM、スマホを販売するたくさんある仮想移動体通信事業者いわゆるMVNOは、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

そのため、サービスのスペックとしてのデータ通信速度は最大で150Mなど、どこも同じような感じになっています。

でも、実際に速度を比較してみると提供元によって違うことがあることに気づきます。例えば、利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、速度が、1Mbps前後から、20Mbps前後までという差があることも。さまざまなMVNOもドコモのネットワークを使用しているはずですが、この差はどうして生まれてしまうのでしょうか。そのわけは、データ通信の速さは、「回線帯域の太さ」と設備のところに影響を受けるということがあります。

「帯域の太さ」と「設備」とは仮想移動体通信事業者によって違うんです。
あなたが格安SIMに切り替えれば、通信費の削減が出来ます。

ソフトバンク等だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、MVNOだと月々数百円という料金プランも。

とりあえず、検討してみても良いと思います。データ通信が安くできる格安SIM。

例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。
LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、音楽や動画などの容量の大きい通信でなければ、インターネットやメールは問題なくできます。
そもそもSIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードauではauICカード、softbankではUSIMカードという名称のICカードのことを指しています。

スマホなどに、大手キャリアのものではなく、格安SIMのカードを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、最近よく話題に挙がるようになりました。

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。格安SIMがよくわからない人や、メインで使っていける安定したサービス水準の格安SIMをお探しの方などは、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選んだほうがよいかもしれません。
通常のスマホや携帯電話網に接続できるタブレットには他のキャリアで使えないSIMロックされたものと、SIMロックフリーのものがある。Softbank、au、ドコモなどのキャリアが販売しているスマホやタブレットは、SIMを他社のものが使えないSIMロックが施されています。しかし端末にSIMロックがかかっていても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、ドコモ回線を使っている会社のSIMカードを使うことができます。たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、ユーザーやアクセスが増加しても、通信速度は低下せず、ネットワーク設備がキチンとしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、ユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。以上のことから会社を選ぶ際は、低価格ということだけでなくきちんとしたサービス品質を提供できるサービスを選定する必要があることが分かります。

iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。

MVNOでもドコモ回線のところであれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。でも、iPhoneであってもauとソフトバンクのものはそのまま利用することはできません。

そうなったら、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、できればSIMロック解除をする、下駄などを使って何とか認識させることになります。
今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、インターネット接続できないのです。
それは、端末側でインターネットにつながるための設定がされていないためです。

docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、SIMだけを購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket