データ通信が安くできる格安SIM

 

データ通信が安くできる格安SIM。例えば、月額1000円以下というものもある格安SIMでは、通常、3GB程度の通信が可能です。高速通信を使いきると、通信速度は遅くなりますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。
格安SIMのSIMはiPhoneで使えるのか。NTTドコモの回線を借りている会社であれば、docomoのiPhoneがそのまま使えます。auやソフトバンクのiPhoneは実は使えないのです。そんな時は、SIMロックフリーのiPhoneを準備するか、ロックを解除する、アダプター(下駄)を使うことになります。
格安SIMや格安スマホを販売しているだいたいの仮想移動体通信事業者は、NTTdocomoの回線ネットワークを借りています。

よって、製品スペック上の通信速度は「最大150Mbps」など、どのMVNOも大差はない状態です。

しかし、実際の通信速度を調べてみると会社によって違うことが分かります。例えば、ランチタイムなどの利用者が多いタイミングで通信速度をはかると、ダウンロードの速度差として、1Mbpsから19Mbps前後までばらつきがあることも。

多くのサービス提供元もドコモのネットワークを使用しているはずですが、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

その理由はデータ通信の速度は、データ回線の太さと設備のところに影響を受けるということがあります。

「帯域の太さ」と「設備」とは仮想移動体通信事業者(MVNO)によって違います。

実は、スマートフォンに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。理由はスマホでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。大手携帯電話会社のモバイル端末ではAPNが設定済みなのでSIMを入れるだけでインターネットに接続できるのですが、格安SIMの場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。仮に格安SIMを使うことができれば、携帯電話料金を安くできます。通常だと月額6000円以上もかかる通信費ですが、仮想移動体通信事業者だと月々1000円なんていう費用に。ここはひとつ、確認してみても良いと思います。スマホや外でも接続できるタブレットにはいわゆるSIMロック版のものと、SIMロックフリーのものがある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの通信業者が販売しているスマホ、タブレットは、他のキャリアのSIMカードを使えないSIMロックが施されています。しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモのスマートフォンやタブレットであれば、docomoのネットワーク回線を利用しているMVNOのSIMを利用することができます。
そもそもSIMとは、NTTdocomoでは、UIMカードauではauICカード、ソフトバンクでは「USIMカード」と言われているICカードのことを指しています。

携帯端末に、ドコモ、au、ソフトバンクのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、携帯電話料金を抑えることができるので、話題になっているサービスです。最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。よく分からない会社のサービスは不安という方や、これだけで使っていけるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、docomoやKDDIが提供しているサービスを選択するのもありかもしれません。

たいてい、回線帯域がしっかりしていれば、ユーザーが一気に増えたとしても、通信速度は下がることなく、設備投資がしっかりしていれば、通信データを安定して供給できるので、ユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、安ければ良いということではなく基盤がしっかりとしたMVNOを選択した方が良いことが分かります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket