IPHONEで格安SIMは使えるのでしょうか。

 

iPhoneで格安SIMは使えるのでしょうか。ドコモ回線を借り受けているMVNOであれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。でも、ソフトバンクとauのものは実は使えないのです。その場合は、SIMロックがかかっていないiPhoneを買ってくるか、SIMのロックがかかっているものを解除をする、もしくは、難易度は上がりますが、下駄を使うことになります。

SIMとは何かというとdocomoでは、UIMカードKDDI(au)ではauICカード、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと呼ばれている小型のICカード「SIMカード」のことです。スマホなどに、大手キャリアのものではなく、格安SIM事業者のSIMカードを使うと、より安い料金で使えることが多いため、最近注目されるようになっています。
一般的には帯域が太い場合には、ユーザーが一気に増えたとしても、速度が低下しにくく、設備投資がしっかりしていれば、安定したデータ処理ができるのでアクセスが多い時間帯でも、速度低下は起きにくい、と言われています。

このような状況からMVNOを選ぶ場合は、料金だけでなく基盤がしっかりとした会社を選ぶ必要があることが分かります。格安SIMが使えれば、携帯代の削減ができます。大手キャリアだと7000円から9000円ほどかかる費用が、仮想移動体通信事業者(MVNO)だと月額1000円以下という料金プランも。
一回は、検討してみても良いと思います。

最近は大手キャリア自身が提供する格安SIMも出てきています。安いサービスはちょっと心配という方や、ベースとして使って行ける実績のある安定したサービスの格安SIMを求めている人は、docomoやKDDIが提供しているSIMサービスを選んだ方が良いかもしれません。安くデータ通信ができる「格安SIM」。
月額1000円前後の格安SIMでは、大体2GBから3GBくらい利用できます。

LTEを使い切った後は通信速度が制限されますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、大方のアプリ、ネット検索・閲覧などが利用できます。格安SIMや格安スマホを販売しているだいたいの仮想移動体通信事業者は、NTTドコモからネットワーク回線を借り受けてサービスを提供しています。そのため、仕様としてのデータ通信の速度的には最大150Mbpsなど、どの会社でも大きな差異はない状況です。しかしながら、実際の通信速度をチェックしてみると提供元によって違うことがあることに気づきます。
例をあげると、通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

いろいろな仮想移動体通信業者もドコモのネットワークを使用しているはずですが、どうしてこのような大きな差が生まれるのでしょうか。

その理由として通信速度は、回線の帯域である太さと通信の設備に影響されるからです。「データ回線帯域の太さ」と「設備」とは仮想移動体通信事業者によって違うんです。

キャリアから購入したスマホやネットワーク接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

現在、ドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルなどの大手キャリアが販売しているほとんどの端末は、違う回線業者のSIMカードを使えないロック(SIM)がかかっています。ただし、SIMロックが設定されていても、NTTdocomoの場合は、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)の格安SIMのサービスを利用することができます。今あるスマホにSIMカードをいれただけでは、使うことはできないのです。
それは、端末側でインターネットにつながるための設定がされていないためです。docomoなどのスマホでは設定がされていてSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMを後から購入した場合、ネットワークの接続設定を自分で行わなければならないのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket