NTTドコモKDDIなども格安SIM

 

NTTドコモ、KDDIなども格安SIMへ参入してきています。格安SIMがよくわからない人や、これだけで使っていけるサービスがしっかりとした格安SIMが欲しい方は、docomoやKDDIが提供している格安SIMを選択するというのもありですね。SIMとは何かというとドコモでは「UIMカード」、au(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクでは「USIMカード」と呼ばれている小型のICカード「SIMカード」のことです。
携帯端末に、大手携帯会社のものではなく、格安SIMを入れて使うと、通信料が安くつけるので、かなり注目されているわけです。普通は、データ回線がふとければユーザーやアクセスが増加しても、速度低下に陥ることがなく、ネットワーク設備がキチンとしていれば、安定したデータ通信を行うことが出来るので、混雑時でもユーザーがストレスを感じにくい、と言われています。よって、仮想移動体通信事業者を選択する際は、低価格ということだけでなく安定したサービスを提供出来る選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。

安くデータ通信ができる「格安SIM」。1000円前後の月額というものもある格安SIMでは、主に月2から3GBのLTEが利用できます。LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、その状態でも動画再生やアプリダウンロードを除けば、メールの確認やウェブの閲覧等は問題なく出来ます。
あなたが格安SIMに切り替えれば、スマホ料金を安くすることができます。au等ですと月額6000円以上もかかる通信費ですが、格安SIMだと月額1000円以下ということも。
ここはひとつ、考えてみても良いと思います。現在、格安SIM・格安スマホを提供するおおくのMVNO(仮想移動体通信事業者)は、ドコモの回線を借り受けたサービス提供の形態です。

したがって、スペック上の通信速度は「最大150Mbps」など、何処でも大きな違いはない状態です。とはいえ、速度を実際に計ってみると提供元によって違うことがあることに気づきます。

一例を挙げると利用率の高いお昼休みの時間に確認すると、ダウンロード速度が1.1Mbpsから18.2Mbpsまで大きな差がありました。どの事業者もdocomoの回線を使用しているにも関わらず、通信速度の差はどうしてうまれるのでしょうか。なぜかというと通信の速度は、「回線帯域の太さ」と通信設備に大きく影響されることがあるためです。

「データ回線帯域の太さ」と「設備の品質」とは各社によって違ってくるものです。スマートフォンやタブレットにはロックがかかっているSIMロック版と、ロックされていないSIMロックフリー版がある。
NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの大手キャリアから売られているスマホ類は、違う回線業者のSIMカードを使えないSIMロックがかけられています。
ただし、SIMロックが設定されていても、ドコモの端末であれば、ドコモ回線を使っている会社の格安SIMを利用することができます。実際にはスマホにSIMをセットしただけでは使うことはできないのです。

これは、スマートフォンで携帯電話網につなぐための設定が行われていないためです。
キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMの場合、インターネット接続の設定を自分でやらなければなりません。iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。NTTドコモの回線を借りている会社であれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。auやソフトバンクのiPhoneはそのままでは使えません。

そんな時は、SIMロックが解除されたiPhoneを買うか、ロックを解除する、または、下駄を使うことになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket